孔子読書会をする理由

お元気様です。
今回は、私が孔子読書会をする理由について、述べてみようと思います。

ドラッカー読書会があって、孔子読書会はあんまり見つからない。
論語読書会はあっても、易経の読書会はさほど存在しない。
私が拠点とする中部エリアは、皆無に等しい。

おそらく難解だからかと思います。

論語は易経に比べると読みやすい。
もちろん内容は深いですが。

ただ、論語に易経の引用がたくさんあるように、
「孔子の考え」のもっと深いところを学ぼうとすると、易経にたどり着きます。

挫折した人も多い易経を一緒に読み、人生、事業に生かそうというのが
私が2016年から本格的に始めた読書会の趣旨です。

今まで、ある程度学びが進んている一部の方を対象に、難易度高めでやっておりましたが、

もっと多くの人に気軽に触れてもらい、

人間力の高い人が増えて社会がよくなることが、
本来の自分の目指すべきところであるため、

できるだけ平易に、誰でも学びやすいように入口のハードルを下げています。

経営者向けの易セミナーは、結構値段が高いです。
1回20000~30000円でもフツー。

ただ、もっともっと、普通に、多くの人に、触れて欲しい。
老若男女問わず。

だから、
単発4000円で私はやります。

仕事というより、ライフワークです。
これを全国に広げていきます。

共感される方がいらっしゃいましたら、こっそり応援していただけますとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です