5.孔子経営道 「大業を為すには vol.1」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは「君子」の道を歩んでいるか? 「小人」の道を歩んでいるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「易経」は、天地の深遠な道理を説いている哲学の書物として尊ばれてきました。
周の時代にできた周易に、10篇の解説(十翼と言います)を付して、「易経」を確立したのが孔子です。

十翼の1つである「繋辞上伝」は、君子たるものの精神論が書かれています。
その中にこういう文があります。

【富有之謂大業】 ~富有をこれ大業という~

冨とは?
→経済的豊かさよりも「心の豊かさ」のこと。

業とは?
→「事業」のこと。


心の豊かさを持てば必ず事業は成功する。

心の豊かさとは?
→困難さは自分を強くすると捉えられるめげない心であること

富有=大業

心の器と事業の器はイコール。

いかがでしょう。刺さりましたか?

気付きは、即行動に!!即実践へ!

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です